Journal — SDGs

英国毛皮業協会、女王の演説を受け声明を発表

英国毛皮業協会、女王の演説を受け声明を発表

私たちは、政府が私たちの主張に耳を傾け、英国におけるナチュラル・サステイナブル・ファーの禁止を前進させないことを嬉しく思います。

政府は、禁止令は実行不可能であり、強制力もなく、動物福祉に何の利益ももたらさない完全に象徴的なものであり、何千もの雇用を犠牲にし、最も親しい同盟国との関係を損ない、合成のファストファッションの売り上げを伸ばし、議会や幅広い人々の間で不穏な空気が流れるであろうことを明確に認識したのである。

動物権利活動家たちは、政府に行動を起こすよう圧力をかけるため、大規模で費用のかかるキャンペーンを展開した。彼らがつぎ込んだ資金、高価なスタント、(何を言っているのかわからない)有名人の起用、誤解を招く議論のすべてに対して、根拠に基づく政策立案と彼らの要求がもたらす有害な結果の認識に代わるものではなかったことは明白である。


Instagram interview by Sophie Hermann

Instagram interview by Sophie Hermann

イギリスのリアリティTVスターでファッションインフルエンサーのSophie Hermann(ソフィー・ハーマン)。
英国で公然と毛皮を支持することは非常に困難ですがソフィーは、なぜ彼女が毛皮を愛し、促進し「インスタグラムの57万人のフォロワーにファーマークを紹介するのか」を説明し、非常に優れた大胆な支持をしてくれました。
これはとても重要なことで、このような行動のおかげで私たちは同じ志を持つ有名な方々を味方につけ続けることができるのです。

記事を読む


Instagram interview by Bryaboy

Instagram interview by Bryaboy

現在業界最大のファッションインフルエンサーの一人であるBryaboy。
ナチュラルファーを推進し、インスタグラムで70万人のフォロワーに【ファーマーク】を紹介する活動をしております。
インタビューではたくさんの応援をいただきフェイクファーとキャンセルカルチャーにも言及しており、とても大胆かつ率直に答えてくださりました。


SUSTAINABLE FUR (持続可能な素材)

SUSTAINABLE FUR (持続可能な素材)

SUSTAINABLE FUR(持続可能な素材・毛皮)

昨今、テレビ局ではSDGs(持続可能な開発目標)17の目標を大々的に取り上げています。VOLATAでもこの問題には2020年より取り組んでいます。というよりはもっと昔から取り組んでいました。高級な毛皮製品は以前からリフォームという事をしていました。リフォームとは形を変えたり用途を変える為に手を加え、新しいニーズにこたえる事です。先人の知恵でしょうか?着物などもそうですね。日本人は外国の方よりも物を大事にする習慣があったのだと思います。VOLATAではリフォームだけではなく、古い毛皮を買取新たな命(リソース)を加えてVOLATA UPCYCLEとして全く別の商品として販売をいたします。古着でもなくリフォームでもない全く新しい試みですのでご期待ください。

                                                                            SDGsフェーズ12「つくる責任 つかう責任」においてアップサイクルを推進してまいります。

限られた天然資源を眠らせるのではなく、アップサイクルして有効活用する事がとても大事だと思います。その一翼を担えるように微力ながら頑張ります。

Language
Japanese
Open drop down